アンドレアス・カール・シュルツェ|Andreas Karl Schulze


1995年12月ー1996年1月
ギャラリーヤマグチ 個展

1955 リェイドに生まれる。
1979-85 国立デュッセルドルフ美術アカデミー、ミュンスター校にて学ぶ
現在ドイツ、ケルン在住。
 
個展
   
1985 ギャラリー ゾンネ、ベルリン
1986 ギャラリー ハッハマイスター、ミュンスター
ギャラリー ヤニュアー、ボーフム
1987 レクリングハウゼン市立美術館
1988 ADD ギャラリー、アントワープ、ベルギー
1989 エメリッヒ美術協会ギャラリー
1990 ギャラリー ヤニュアー、ボーフム
1992 アンスベルグ美術協会ギャラリー
1993 チィナティ財団、マーファー、テキサス ( Artist in residence )
1994 ラーヘンスブルグ市立ギャラリー
1995 リビング アート ミュージアム、レイキャビック、アイスランド
ギャラリーヤマグチ、大阪
1996 デビット ペストリウス ギャラリー、ブリスベン、オーストラリア ケルン市立美術館
ペルタ バンガート ギャラリー、ニューヨーク
1997 ギャラリー スランカリキ、イサフヨルダー、アイスランド
1998 関西ドイツ文化センター、大阪(サイト
1999 ベイ・ホルスト・シュラー、デュッセルドルフ
ペトラ・バンガード・プロジェクト、ブルュッセル
2000 ギャラリーヤマグチ、大阪(サイト
 
グループ展
 
1984 ドイツのアートシーン、新ベルリン美術協会ギャラリー
芸術の中心 ウエストファーレン美術協会ギャラリー、ミュンスター
1987 再会 ギャラリー ロール、メンヘングラッドバッハ
1989 マルクの奨学金展  リューデンシャイド市立美術館
1990 絵画 90 レックリングハウゼン市立美術館
1991 構成された空間 ウエストファーレン美術協会ギャラリー、ウエストファーレン州立美術館、ミュンスター  ボーフム市立美術館
1993 11 ケルン美術協会ギャラリー新しい芸術の空間 ウッパータール
1994 ギャラリー カストリング/マイヤー、ミュンヘン
1995 ラインラ地方とウエストファーレン州のための冒険 デュッセルドルフ  ウーテンベルグ美術協会ギャラリー, シュツットガルト
サークルの部屋 RMIT, メルボルン
ハーレ1、ミュンヘン
星のプロジェクト アムステルダム
1997 ケルン現在の12のポジション キール市立ギャラリー
メディウムとしての壁 デビット ペストリウス ギャラリー、ブリスベン、オーストラリア
シュルツ/桑山 ケルン日本文化会館
ティドスラム マレリ、コペンハーゲン、デンマーク
1998 Beyond the surface ギャラリーヤマグチ、大阪
鯖江高校アートプロジェクト(山口牧生、ミハ・ウルマン、シュルツェ) 鯖江CCi美術館、福井
1999 JPSTW, ゲルセンキルヘン・クンストヘライン
Hommage an V-G、ドミナカナーキルシェ・オスナブリュッケ
2000 白、リビングアートミュ−ジアム、レイキャビック、アイスランド
From Rags to Ricmes、タピスリーミュージアム、トールナイ、ベルギー
Malerei、ギャラリーグロスキウスキー+ブルマー、カールスルーエ
アートと建築 Two Days Gallery+Open House、京都白洋舎ビル(サイト
 
パブリック・コレクション
ミュンスター市、ドイツ/レックリングハウゼン市立美術館、ドイツ/ラーベンスブルク市、ドイツ/ ウエストファーレン州労働裁判所、ドイツ/アルトテック(ケルン市)、ドイツ/ 鯖江高等学校、日本
 
アンドレアス・カール・シュルツェのサイト:
2000 アートと建築 Two Days Gallery+Open House、京都白洋舎ビル(サイト
2000 住宅建築2000年7月号の掲載記事(サイト
カイ・ヘイマー,マティアス・ルブケーテキスト(サイト
1998 鯖江高校プロジェクト(サイト
1998 関西ドイツ文化センター、大阪(サイト