ドナルド・ジャッド|Donald Judd
Untitled 1987 アルミニウムとプレキシグラス 25 x 25x 100 cm
  
1928 アメリカのミズーリ州エクセルシア・スプリングスに生まれる。
1946−47 兵役のため、韓国に駐留する。
1948,49−53 ニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグに通う。
1949−53 ニューヨークのコロンビア大学に通い、哲学の学士号を得る。
1953 ニューヨークに居住する。
1957 ニューヨークで最初の個展を開き、絵画作品を出品する。
1957−62 コロンビア大学大学院に通い、美術史の修士号を得る。
1959 美術雑誌アート・ニュースの展覧会レヴューを担当する。
1959−65 美術雑誌アーツ(現在のアーツ・マガジン)の展覧会レヴューを担当する。
1961 次第に絵画からレリーフ状の作品へ移行し、更に翌年から三次元の作品の制作へと展開していく。
1962−64 ニューヨークのブルックリン芸術科学研究所で講師をする。また、1962年に同研究所付属の美術館で開催されたグループ展において、 初めて自立する作品(free standing objects)を展示する。
1963 ニューヨークのグリーン・ギャラリーで個展を開催し、初めて床に置かれた箱型の作品を発表する。
1965 美術雑誌アート・インターナショナルに評論を度々寄稿する。
1968 ニューヨークのホイットニー美術館で回顧展を開く。ニューヨークの101スプリング・ストリートにビルを購入する。
1971 テキサス州マーファに移転する。
1973 テキサス州マーファのプライヴェートな展示室に自作のインスタレーションを始める。
1975 カナダのナショナル・ギャラリーで個展が開催され、カタログ・レゾネが出版される。
1959年から1975年までの評論を掲載した著作集が出版される。
1978 東京のギャラリー・ワタリの個展のために来日する。
1986 テキサス州マーファにチナティ財団を開設し、自作を中心とした現代美術作品の恒久的な設置を行う。
1987 1975年から1986年までの評論を掲載した著作集が出版される。 オランダのファン・アッベ美術館を皮切りにデュッセルドルフ、パリ、バルセロナで巡回展が開催される。
1988 ニューヨークのホイットニー美術館で回顧展を開く。
1989 ドイツのバーデン・バーデン国立美術館で、会場に合わせて制作した新作のインスタレーションによる個展を開催する。
1992 大阪のギャラリー・ヤマグチで個展を開催する。また、大阪にて講演会を行う。
1992−93 静岡県立美術館と北九州市立美術館で巡回展(カタログ案内)を開催し、それぞれの会場で講演会を行う。
ドナルド・ジャッド展覚書(黒岩恭介)
1993−95 ドイツのウィスバーデンを皮切りに、作品、版画、家具、建築までを総合的に紹介する個展がヨーロッパを巡回する。
1994 ニューヨークで死去する。
1999 DONALD JUDD 1960-1991  埼玉県立近代美術館、滋賀県立近代美術館(日本での初めての大規模な回顧展キュレ−ション:梅津元)
講演会:滋賀県立近代美術館 講師:マリアナ・ストックブランド、チナティ財団館長
ギャラリーヤマグチ個展
2001 DONALD JUDD Prints 1951-19-93 伊丹市立美術館
  
■「建築」ドナルド・ジャッド著 日本語版の案内(サイト
■1999年ギャラリーヤマグチでの個展案内(サイト
■伊丹市立美術館 版画展、2001年の展覧会(サイト
■埼玉県立近代美術館、滋賀県立近代美術館、1999年の展覧会(サイト
■2004年ギャラリーヤマグチでの「家具、ドローイング」展(サイト
■チィナティ財団のホーム頁へ Chinati Foundation, Marfa, Texas(サイト