桑山忠明|Tadaaki Kuwayama

1932

名古屋に生まれる

1956

東京芸術大学日本画科卒業

1958

アメリカに渡り、以来ニューヨークで制作活動を続ける
  
個展
2013 桑山忠明 at Shilla Gallery 韓国 
桑山忠明 Titanumun 
2012-3 桑山忠明 HAYAMA 神奈川県立近代美術館 葉山 
2011 WHITE 桑山忠明 大阪プロジェクト 国立国際美術館  
Untitled 桑山忠明 金沢21世紀美術館 
2010 桑山忠明 Out of Silence 名古屋市美術館 
2008 クンストバウ|東京、東京 Gold & Silver 
ビヨン・レッセル・ファインアート、ニューヨーク
ゲリー・シュナイダー・プロジェクト、ニューヨーク
2006 「ワンルームプロジェクト 2006」 名古屋市美術館 愛知県美術館 
ギャラリーヤマグチクンストバウ、大阪 
ガレリエ・ケーニッヒ、ハナウ/フランクフルト、ドイツ
2003-04 タマダプロジェクト、東京
2003 ギャラリーヤマグチ space as art - art as space 
2002 リヴァ・ギャラリー、ニューヨーク
2001 ギャラリーヤマグチ、海岸通ギャラリーCASO-space A, B 
Folin/Riva, ニューヨーク
2000 ザルツブルグ市美術館
CASO - Contemporary Art Space Osaka 大阪 CASOオープニング展 "Towards Utopia" 
1998 <プロジェクト'98>コンクレーテ・クンスト、チューリッヒ
1997 <A Retrospective>ギャルリー・ルナータ・ベンダー、ミュンヘン、ドイツ
<プロジェクト'97>コンクレーテ・クンスト財団、インゴルシュタッド、ドイツ
<ドローイング・オン・マイラー> ギャラリーヤマグチ、大阪
1996 <プロジェクト'96> 川村記念美術館、佐倉
<プロジェクト'96> 千葉市美術館 −カタログ案内− 
  
1995−96 コンクレーテ・クンスト財団、ロイトリンゲン、ドイツ
1994−95 <パスト・スルー・プレゼント・アイ> ギャラリーヤマグチ、大阪   −カタログ案内− 
1994 <ドローイング・オン・マイラー> ギャラリーヤマグチ、大阪
<ペンシル・アンド・ワックス・オン・ペーパー> ギャラリーヤマグチ、大阪
1993 <新作展> ギャラリーヤマグチ、大阪
1992 <5 メタリック・カラーズ> 佐谷画廊、東京
1991 <ニユー・プリント> ギャラリーヤマグチ、大阪
<新作展> ギャラリーヤマグチ、倉庫、大阪
ギルバート・ブラウンストーン社、パリ、フランス
1990 <新作展> 佐谷画廊、東京
<版画展 The Snow Country Suite> ギャラリーヤマグチ、大阪
1989 ギャラリーヤマグチ、大阪
マイケル・ウォールズ・ギャラリー、ニューヨーク
O・K・ハリス・ワークス・オヴ・アート、ニューヨーク
1988 <クロームの時代 1968−69> ギャラリーヤマグチ、大阪
<クロスクロームの時代 1966> ギャラリーヤマグチ、大阪
<顔料の時代─キャンバス─1962−65> ギャラリーヤマグチ、大阪
<顔料の時代─紙─1961−61> ギャラリーヤマグチ、大阪
<新作展─ホワイトシリーズ─1986−87> ギャラリーヤマグチ、大阪
アキラ イケダ ギャラリー、東京
桜画廊、名古屋
1985 <A Retrospective 1960−1985> 北九州市立美術館
<近作2点による> ギャラリーヤマグチ、大阪
ラボラトリー、札幌
1984 <初期の作品> アキラ イケダ ギャラリー、東京
<新作> アキラ イケダ ギャラリー、名古屋
1983 <ニュー・ペインティング> アキラ イケダ ギヤラリー、東京
1982 <オイル・ペインティング 1980−1982>
ギンペル=ハノーファー+アンドレ・エメリッヒ・ガレリー、チューリヒ、スイス
1981 <ペインティング クワヤマウォールズ> アキラ イケダ ギャラリー、名古屋
1980 <ドローイング展> アキラ イケダ ギヤラリー、名古屋
1979 桜画廊、名古屋
1978 康画廊、東京
1977 ギャルリー・ドニーズ・ルネ、ニューヨーク
1976 <ドローイング展> 現代芸術研究室、東京
1975 ギャルリー・ドニーズ・ルネ、ニューヨーク
1974 フォルクヴァング美術館、エッセン、ドイツ
かねこ・あーとギャラリー、東京
1973 かねこ・あーとギャラリー、東京
<ペインティング 1966−73>ガレリー・レッカーマン、ケルン、ドイツ
1972 <ニュー・ペインティング> ヘンリ・ギャラリー、ワシントン
1969 ガレリー・レッカーマン、ケルン、ドイツ
ヘンリ・ギャラリー、ワシントン
1968 ギャルリー・ドジュールデュイ、パレ・デ・ボザール、ブリュッセル、ベルギー
ガレリー・ビショッフベルガー、チューリヒ、スイス
1967 <ニュー・ペインティング> リチャード・グレイ・ギャラリー、シカゴ、イリノイ
ガレリー・ムッツェンバッハ、ドルトムント、ドイツ
ガレリー・ビショッフベルガー、チューリヒ、スイス
東京画廊、東京
1966 <桑山のシステミック・ペインティング> レッド・カーペット・ギャラリー、ミネアポリス、ミネソタ
1965 ダニエルズ・ギャラリー、ニューヨーク
1964 コーンブリー・ギャラリー、ニューヨーク
1962 グリーン・ギャラリー、ニューヨーク
1961 <ペインティング> グリーン・ギャラリー、ニューヨーク
グループ展
2009
<第三の心:アジアを見つめるアメリカの作家達1890 - 1989> グッケンハイム美術館、ニューヨーク
2008
<新しいアメリカの抽象絵画> ゲーリー・シュナイダー・プロジェクト・スペース、ニューヨーク
2005 <配置> ガレリエ・ケーニッヒ、ハナウ/フランクフルト、ドイツ
2004 ロッツ(ウッチ)ビエンナーレ、ポーランド
「モノクローム:マレーヴィチから現代へ」 レーナソフィア美術館、マドリード、スペイン
2002 チェルシーアートミュージアム、ニューヨーク
2000 <summer group show> FOLIN/RIVA gallery、ニューヨーク
1999 第10回北九州ビエンナーレ 北九州市立美術館
展示室1 展示室2
1994-95 <戦後日本の前衛美術>(巡回展)横浜美術館/グッケンハイム美術館、ニューヨーク/サンフランシスコ近代美術館
1993 <ジャッド&桑山 60年代の作品と版画> ギャラリーヤマグチ、大阪
<アート・フランクフルト> ガレリー・ミーリヒ=ベンダー、フランクフルト・アム・マイン、ドイツ
1990 <ミニマル・アンド...> ギャラリーヤマグチ、大阪
<ミニマル・アート> 国立国際美術館、大阪
<桑山忠明・山田正亮> ギャラリーヤマグチ、大阪
<現代・永遠> ベルリン美術館(マルティン=グロピウス・バウ)、ベルリン、ドイツ
1989 <絵画の空白と余白> 静岡県立美術館
1987 <第18回現代日本美術展・企画部門:現代絵画の展望─平面と空間>(巡回展)東京都美術館/京都市美術館/北九州市立美術館/宮城県美術館
<絵画1977〜1987> 国立国際美術館
<我が国の現代絵画ー前衛の視点からー> 熊本県立美術館
1986 <現代の白と黒> 埼玉県立近代美術館
1985 <日本の現代美術> ニューデリー国立美術館、インド
1984 <現代絵画の20年> 群馬県立近代美術館
1982 <芸術は物資となる> ベルリン国立美術館(ナショナルガレリー)、ドイツ
1981-82 <1960年代ー現代美術の転換期> 東京国立近代美術館 京都国立近代美術館
1981 <日本の現代美術1970年代:日本美術の動向>韓国文化芸術振興院アートセンターギャラリー、ソウル
1980 <平面絵画ーその多様化 桑山忠明、菅木志雄、山田正亮> 福岡市美術館
<今日の日本美術:桑山忠明と岡本リクロー> ジャパン・ハウス・ギャラリー、ニューヨーク
1977-84 <構成主義と幾何学的抽象>(巡回展)チューリヒ美術館、スイス/テル・アヴィヴ美術館、イスラエル/
オールブライト=ノックス美術館、バッファロー、ニューヨーク/ダラス美術館、テキサス/サンフランシスコ近代美術館、カリフォルニア/ラ・ジョラ現代美術館、カリフォルニア/シアトル美術館、ワシントン/カーネギー・インスティテュート美術館、ピッツバーグ、ペンシルヴェニア/ネルソン・アトキンズ美術館、カンザス・シティ、ミズーリ/デトロイト美術館、ミシガン/ミルウォーキー美術館、ウィスコンシン/デンヴァー美術館、コロラド/サン・アントニオ美術館、テキサス/ニューオリンズ美術館、ルイジアナ/トリード美術館、オハイオ/インディアナポリス美術館、インディアナ/コーネル大学ハーバート・ジョンソン美術館、イサカ、ニューヨーク/東京国立近代美術館/北海道立近代美術館、札幌 
1975 <現代日本美術の展望> 西武美術館、東京
1974 <日本:伝統と芸術> デュッセルドルフ市立美術館、ドイツ
1973-74 <アメリカの日本人作家> 京都国立近代美術館、京都国立近代美術館
<美術と事物:1960年代の絵画> テキサス大学オースチン校
1973 <表面の美術ー現代日本美術の概観> (ジョセフ・ラブ選) ニューサウスウエルズ美術館、シドニー
1972 <再訪1960年代>アルドリッチ現代美術館、リッチフィールド、アメリカ
1968 <プラス・バイ・マイナス:今日の半世紀> オールブライト=ノックス美術館、バッファロー、ニューヨーク
<第一回世界現代美術トリエンナーレ> ラリット・カラ・アカデミー。ミューデリー、インド
1967 <1967年ピッツバーグ現代絵画彫刻国際展> カーネギー・インスティテュート美術館、ピッツバーグ、ペンシルヴェニア
1966−67 <色彩の新しい形>(巡回展)アムステルダム市立美術館、オランダ/ヴュルテンベルク芸術協会、シュトゥットガルト、ドイツ/クンストハレ、ベルン、スイス
1966 <システミック・ペインティング> グッケンハイム美術館、ニューヨーク
1965 <在外日本作家ーヨーロッパとアメリカ> 東京国立近代美術館
1964−67 <現代美術の断面> (アメリカ美術連盟企画巡回展)
1964 <動きと運動> シンシナティ現代美術センター、シンシナティ
1963 <フォーマリスト> ワシントン近代美術館
1962 <幾何学絵画 古典的:ロマン的> ジェラルドモリスインターナショナル画廊、トロント

1961

<1961年ピッツバーグ現代絵画彫刻国際展>カーネギー・インステイテュート美術館、ピッツバーグ、ペンシルヴェニア

1960-61

<新しい潮流:6人の若きアメリカの画家たち> ホランド=ゴルドウスキー画廊、シカゴ