鯖江CCi美術館展覧会内容


ミハ・ウルマン(イスラエル)Havdala, 砂と鉄、1989年

県立高校に現代美術作品を恒久設置するという全国でも例を見ないユニークな事業を打ち出した福井県立鯖江高校のアート・プロジェクト。プロジェクトに参加した3人の作家は国際的にも評価の高い、山口牧生、イスラエルのミハ・ウルマン、ドイツのアンドレアス・カール・シュルツェ。作家たちは事前に現地下見を行い、設置場所を選び、そこでしか表現できない「鯖江高校のための作品」を完成させましたた。本展はプロジェクト完成に至るまでの経過を写真や掲載記事で紹介します。また、3人の作家をより理解いただけるよう近作または新作の作品を展示します。

会場: 鯖江CCi美術館
    福井県鯖江市本町3丁目2-12 tel.0778-51-2800
会期:1998年11月7日(土)-23日(月)
開館: 午前10時〜午後5時 入館無料 月曜日休館
主催: 鯖江高等学校創立85周年・新制高校発足50周年 記念事業実行委員会
共催: 鯖江CCi美術館、関西ドイツ文化センター、イスラエル大使館
企画:ギャラリーヤマグチ
   大阪市西区川口2-1-5住友倉庫1F 
   tel.06-583-8150 fax.06-583-8151