Toppage / Artists / ダン・フレビン| DAN FLAVIN

ダン・フレビン| DAN FLAVIN

略歴 Biography

1933
アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク ジャマイカに生まれる。
1957-59
コロンビア大学にて学ぶ
1959-60
ニューヨーク近代美術館で警備員兼エレベーター係員として働く。レウィット、ベネッチア、ライマン、マンゴールドと親交になる。
1961
初個展をジャドソンギャラリー、ニューヨークで開催
1964
電球を使用した初めての個展をカイマーギャラリー、ニューヨークで発表。12月には蛍光灯を使ったはじめの展覧会をグリーンギャラリー、ニューヨークで発表。
1992
グッケンハイム美術館、ニューヨークにて回顧展が開催される。
1996
ギャラリーヤマグチ にて日本での初個展(to Don Judd - colorist)が開催される。
1996
11月29日没

恒久展示案内
ダン・フレビン美術館、ブリッジハンプトン、ニューヨーク(DIA)
チナティ財団、マルファー、テキサス
ミニル・コレクション、テキサス
チエッサ・ロッサ教会、ミラノ、プラダ財団
1933
Born in Jamaica, New York, USA
1957-59
Studied at Colombia University, New York
1959-60
Employed as a guard abd elevator operator at NY MOMA. Met LeWitt, Venezia, Ryman, Mangold and Lippard
1961
First solo exhibition at Judson Gallery, New York
1964
First solo exhibition using electric light at Kaymar Gallery, New York on March
First solo exhibition using fluorescent light at Green Gallery, New York on DEcember
1992
Retrospective exhibition at the Solomon R. Guggenheim Museum, New York
1996
First solo exhibition in Japan at Gallery Yamahguchi, Osaka(to Don Judd - colorist)
1996
Died on December 29 in Riverhead, New York

Permanent installations
Dan Flavin Museum, Bridgehampton, New York(DIA)
Chinati Foundation, Marfa, Texas
The Menil Collection, Texas
CHIESA ROSSA, Milano, Prada Foundation
ダン・フレビン| DAN FLAVIN

作品 Work